作品に対するダイレクトな反応が多分初めてだった

先日、座・高円寺にて公演された集団NOPLANさんの「家族百景」に関わらせて頂きました。 場面がダダダっと変化するドタバタシーンがあったのですが、そこで背景が必要とのことで、 主宰・脚本・演出を担当されている藤丸亮さんとの「こうこうこういうシーン…

だいたい毎日アドルフヴェルフリへ想いを馳せている

彼の中の狂気があの膨大なドローイングとして昇華されなければどうなっていたのかしらと思うと、 ヴェルフリの立場で考えると恐ろしい。 防衛機制における昇華ばっかりやれたらなあと日々思います。 なかなか難しいというか、私の才じゃ全然まだ無理ですが………

私の中の脳内映像をどれだけ相手に詳細に伝えられるか

漫画といってもマジで描き方は十人十色というか お笑いにおいて漫才、コント、リズムネタ色々あるのと同じでいろんなパターンがあるなあと思います。 私の昨今描いてる百合漫画の場合完全に「映画」のような形で考えてます。 んでもって全てのコマにおいてバ…

twitterで語るとただでさえ少ないフォロワーさん減りそうで嫌なのでここで散らばす

あまり言葉にするのは情けないというか「先に手を動かせよ全然描いてないんだから」って感じだけど一瞬だけ許してほしい 私は漫画をちょびちょび描いているのですが 「生々しい」というご感想が本当に本当に嬉しい あまり嫌いなものを語るのは不健康かもしれ…

好きな映画監督その1

塚本晋也監督のような存在になりたいと思った 確固たるオリジナリティ 鑑賞者の脳を揺さぶってくるエネルギー 吉田大八監督の「桐島、部活やめるってよ」にて 映画オタクの主人公が好む作品として塚本監督の「鉄男」が出ていた。 それが知ったきっかけだった…